皆さん、こんにちは。川越小江戸接骨院の今村です。
今日は四十肩・五十肩についてお話しさせていただきます。

1、四十肩・五十肩とは
四十肩、五十肩と皆さん言いますが、これは実は俗称なんです。正しくは肩関節周囲炎といいます。
四十肩、五十肩の定義として、肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として「明らかな原因なしに発症」すると書かれています。要するに原因がよく分からない事が多いという事なんです。

2、四十肩・五十肩の原因
原因に関してはよく分からない事が多いと言いましたが、実際には以下の 2 つの事が多いんです。
年齢とともに老化によって硬くなった肩関節の周りに付着している筋肉の延長にある腱の炎症です。
また肩関節の周りには肩関節を補強する回旋筋腱板と言われる構造があります。この腱板は 4 つの筋肉で構成されますが、その中の 1 つ棘上筋といわれる筋肉の炎症が1つ。
関節包という、関節をスムーズに動かすためのクッションの役割をする前方側の関節包の炎症。
以上の 2 つの炎症が悪化して肩が上がりにくく、痛みを伴う事が多いのです。

3、四十肩・五十肩の症状
・着替える時や洗濯物を干す時に腕が上がりにくい
・電車などのつり革を持つのがつらい
・頭を洗う際の動作がつらい
・夜中に痛みが強く、眠れないといった夜間痛
・肩を後ろに回すのがつらい
・肩に熱感がない

4、 四十肩・五十肩の治療方法
治療方法ですが、時期によって異なってきます。
五十肩は実は 3 期に分けられます。
第一期・・・急性期
第二期・・・拘縮期
第三期・・・解氷期

【急性期の治療方法】
急性期は痛みが強く、夜間にも激しく痛みます。
そこで、自分自身で無理に動かさないで安静にする事を心掛けて下さい。
また四十肩・五十肩は別名凍結肩とも言われ、要するに炎症を起こしているにも関わらず肩が冷えてしまっています。そこで、常に肩を温め血流を良くする事が重要です。例えばお風呂にゆっくり肩まで浸かり、夜寝る時も冷やさない事が重要です。そして無理に肩を動かす事は控えて下さい。急性期に無理に動かすと、悪化させてしまう事もあります。

【拘縮期の治療方法】
痛みが取れてきたら、今度は運動療法となります。急性期で安静にしていた事で、肩の関節は硬くなってしまいます。そこで固さを改善するために、関節の可動域を広げていきましょう。ただし痛みが強いような無理な運動はしないようにしましょう。
最も効果的な運動療法は「コッドマン体操」と呼ばれる体操です。コッドマン体操とは痛くない方の手を机などに置いて体を支えます。痛い方の手にペットボトル( 500ml 位)を持ちます。痛い方の手の肩の力を抜いて、ゆっくりとペットボトルを振り痛みが出ない範囲で徐々に体全体を動かして振りを大きくします
※肩に力を入れない事が重要となります。ペットボトルを持つ事で力が入ってしまう方は、ペットボトルを紐などで結ぶと力が入りにくくなります。

【解氷期の治療方法】
徐々に力を入れた運動療法やストレッチをしていきます。

最後に、四十肩・五十肩は初期治療がとても重要になります。無理な運動などは控えましょう。自分自身では判断がつかない方も多いと思います。当院では的確なアドバイスから、治療までサポート致しますので、是非お気軽にお立ち寄り下さい。