皆さん、こんにちは。

本日は手のしびれについて説明していきたいと思います。
手がしびれるのは様々な原因が考えられます。
そこで、最初に原因と症状について説明していきたいと思います。
首の病気

首の骨が変形して起こる頚椎症や頚椎症性神経根症などがあります。症状としては、顔を上に向け、首を右側に倒すと右手のしびれが強くなります。逆に左に首を倒すと左手のしびれが強くなります。
脳卒中
脳卒中では体の片側にしびれがみられます。しびれだけでなく、麻痺やうまく言葉がしゃべれないなどの症状がみられたら、脳卒中の可能性がありますのですぐに救急車を呼んでください。
手根管症候群
手根管とは手のひらの付け根にある手首の骨と手のひら側にある靭帯で囲まれたトンネルです。そのトンネル内は正中神経という神経が通っています。そのトンネル内には他にも腱なども通っていて、このトンネル内が何らかの原因で炎症を起こして腫れると正中神経が圧迫されます。これにより手の親指から薬指にかけてしびれや痛みを感じるのが手根管症候群です。小指には症状が現れないのが特徴です。
肘部管症候群
肘の内側で尺骨神経という神経が圧迫される事で、小指と薬指にしびれを感じます。
皆さん肘の内側をどこかにぶつけて小指の先までしびれた経験があると思いますが、その場所が肘部管といわれるトンネルです。このトンネルで骨が変形したり、ガングリオンというゼリー状の物質の詰まった腫瘤が出来る事で肘部管が狭くなり尺骨神経を圧迫し、小指と薬指がしびれます。
肘を曲げるとこの肘部管の内圧が 3 倍以上になるのでしびれが強くなります。そこで肘はあまり曲げないようにする事も大事です。
骨による変形が強い場合には、手術によって直す方法もあります。
橈骨神経麻痺
この神経の麻痺では手の甲側がしびれます。この麻痺は、ほとんどの場合が圧迫性の神経障害なので、手術による治療は必要ありません。ビタミン剤、保温などが必要となってきます。回復には、 1 3 ヶ月を必要とすることも多いです
ただし骨折や脱臼などの外傷によるものでは早期に手術が必要になる場合があります。
胸郭出口症候群
手に伸びていく神経は首から鎖骨のあたりを通って腕へ向かいます。この鎖骨のあたりの筋肉や骨で神経や血管が押されるために症状が現れるのが胸郭出口症候群です。なで肩の女性に多いです。また女性で長い時間パソコンを使うなど手を下ろしている姿勢を続けているとこの神経の通り道が狭くなり症状が出ます。一方男性の場合には筋肉が発達し、よく手や首を動かすスポーツや仕事をしている人に神経圧迫が起こり症状が出るケースが多いです。
手のしびれには以上のような原因が考えられます。
そこで、手のしびれはどこで見てもらえれば良いのでしょうか?
しびれは症状にもよりますが、脳卒中が疑われるケースなどは、救急外来を受診する事をおすすめします。その他接骨院や神経内科、整形外科も選択肢の一つになってきます。
以上になります。
当院でも手のしびれの治療も行っていますので、お悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽にお立ち寄り下さい。