皆様こんにちは。
川越小江戸接骨院、柔道整復師の河原です。

本日は捻挫をしてしまった時に自分でするべき事、接骨院での治療方法について記述していきます。

捻挫とは?足関節捻挫とは?

一般的に捻挫とは、骨と骨を結んでいる筋肉や靭帯、軟部組織等に許容範囲以上の外力が加わり、損傷した状態を表します。
今回は、その中でも特に多い足関節捻挫について説明していきます。

足関節捻挫とは主に足をくじいてしまった時など、許容範囲以上の内がえしの捻りが加わる事によって損傷し、足の外側に腫れや痛みを伴う状態が多いです。
損傷してしまった外力の強さによって大きく3つに分類することができます。

  • 1度損傷:痛みや腫れも軽度であり、靭帯が一時的に伸ばされている状態。主に前距腓靭帯と呼ばれる部位に軽度の損傷が見られる事が多い。
  • 2度損傷:靭帯の一部が損傷している状態。主に前距腓靭帯が完全に損傷している状態になります。
  • 3度損傷:靭帯が完全に断裂してしまい、関節もぐらついてしまっている状態。主に前距腓靭帯損傷に加え、他の靭帯等も損傷している状態になります。

捻挫の応急処置と治療法

損傷の状態にもよりますが、捻挫をしてしまった時には自分でするべき事はRICEと呼ばれる応急処置になります。

R:REST(安静)▶損傷部位の腫れや血管・神経の損傷を防ぐ事が目的になります。
I:ICE(冷却) ▶細胞壊死と腫脹を抑える事が目的になります。
C:COMPRESSION (圧迫)▶患部の内出血や腫脹を防ぐ事が目的になります。
E:ELEVATION(挙上)▶腫脹を防ぐことと腫脹の軽減を図る事が目的になります。

これらは、損傷状態によって処置が大きく変わってきます。

接骨院ではまず、損傷度を見極める検査を行い、損傷状態によって治療方法を変えて行きます。
軽度であれば治療器を用い、テーピング等などの軽度固定などで損傷部の早期修復をおこないます。
また、損傷度が強い場合には包帯やギプスなどでより関節を固定する処置を行い、早期回復を促します。

捻挫の損傷状態によって治療方法が大きく変わってきますので、もし足を捻った場合・痛みが出た場合は自分で判断せずに、必ず専門家のいる病院や接骨院に指示を仰ぐようにしましょう。

川越小江戸接骨院でも捻挫の治療は可能です。
お気軽にお問合せ下さい。

2020年5月末まで『免疫向上施術プログラム(無料)』を実施しております。

免疫力向上施術プログラム
外出自粛要請により在宅時間の増加・テレワークなど、運動不足・座りっぱなしの姿勢が招く全身の血流循環の悪化は、免疫力の低下を招きます。
この免疫力向上施術プログラムは、ストレッチによる身体全体の代謝向上に加え、特殊な電気を用いた自律神経調整で免疫力向上を図るものです。

ご来院頂きました皆様に5月30日まで利用できる本プログラムのフリーパスをお配りしております。
期間中、何回でも有効です。
※保険診療分は通常通り頂きます。ご了承ください※

当プログラムは、こんなシチュエーションに効果的!

  • 在宅時間の増加による運動不足
  • 座りっぱなし業務&テレワーク等による全身の血流循環の悪化
  • ストレスによる不眠・不調